人事労務ニュース

文書作成日:2022/12/06

マイナンバーカードで可能になった雇用保険の失業認定手続

 2022年11月末時点で、マイナンバーカードの人口に対する交付率が53.9%になりました。2022年度末にほぼ全国民に行き渡らせるという政府目標にはまだまだ遠い状況があるものの、マイナンバーカードの新規取得等でマイナポイントを付与する仕組みも導入されており、交付率が上昇している状況にあります。
 今回は、2022年10月よりマイナンバーカードで雇用保険の失業認定手続ができるようになったことから、この内容をとり上げます。

[1]マイナンバーカードによる認定手続
 会社を退職した従業員は、交付された離職票をハローワークに持参し、失業認定手続を行います。その際、顔写真を2枚用意する必要があり、失業認定手続は顔写真を貼付した受給資格者証を用いて本人確認等を行うことになっています。
 これが2022年10月1日以降に受給資格決定が行われた人について、本人の希望があれば、マイナンバーカードによる本人認証を活用することで、顔写真を用意する必要がなくなり、また失業認定手続の際に受給資格者証を持参する必要がなくなりました。なお、本人が希望しない場合は従来どおりの手続となります。
 マイナンバーカードを活用した場合の流れは、以下のようになります。

  1. ハローワークにマイナンバーカードを持参し、離職票などの必要書類を提出する。(写真の持参は不要)
  2. 雇用保険説明会にて、受給資格通知が交付される。
  3. 失業認定日ごとに、マイナンバーカードによる本人認証が行われ、失業の認定を受けることで、処理結果が印字された受給資格通知が交付される。

[2]マイナンバーカードを活用した失業認定を行う際の注意点
 このマイナンバーカードを活用した失業認定等の手続を希望した場合、それ以降、原則として受給資格者証等による失業認定等の手続に変更することはできないことになっています。また、手続の際にパスワードを入力する必要がありますが、3回連続でパスワードを誤って入力するとロックがかかります。そのため、万が一、ロックがかかった場合、住民票がある市区町村の窓口でパスワードの再設定の手続が必要になります。
 そのため、これらの注意点をふまえた上で、マイナンバーカードを活用するか否かの検討が必要です。

 ここでは失業認定の手続をとり上げましたが、雇用保険高年齢受給資格者証、雇用保険特例受給資格者証、教育訓練給付金および教育訓練支援給付金受給資格者証についても、マイナンバーカードで本人認証を行う場合、受給資格者証等の提出が不要になります。様々な場面でマイナンバーカードを活用した取組みが進み、次第に利便性が高まってくることが想定されます。今後の情報も確認しておきたいものです。

■参考リンク
厚生労働省「マイナンバーカードで失業認定手続ができるようになります」
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T221005S0032.pdf
総務省「マイナンバーカード交付状況について」
https://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/kofujokyo.html

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




定期健康診断以外の健康診断が必要となる労働者2022/11/29
企業の年間休日数の平均は減少し107.0日に2022/11/22
年次有給休暇の8割要件を計算する際のポイント2022/11/15
12月より変わる事務所の照度とパソコン作業等を行う際の作業管理のポイント2022/11/08
協会けんぽの被扶養者資格の再確認2022/11/01
今年も11月に実施される過重労働解消キャンペーン2022/10/25
年休の計画的付与制度と運用時の留意点2022/10/18
健康診断実施後のフォローと監督署によく指摘される事項2022/10/11
就業規則を変更した際の届出に係る適切な手続き2022/10/04
2022年度の労基署による不払い残業代の是正指導 約65億円2022/09/27
30円以上の大幅引上げとなる2022年度の最低賃金2022/09/20
2022年10月より対応が必要な人事労務に関する各種改正点2022/09/13
深夜業に従事する従業員に実施が必要な健康診断2022/09/06
2021年度に13.97%まで上昇した男性の育児休業取得率2022/08/30
アルコールチェックの義務化と直行・直帰時等の取扱い2022/08/23
改めて確認したい管理監督者の労働時間の把握義務と割増賃金の支払い2022/08/16
短時間労働者の社会保険加入における賃金の考え方2022/08/09
労働者301人以上の企業が対象になった男女の賃金の差異の情報公表2022/08/02
増える精神障害の労災請求件数 求められるハラスメント対策2022/07/26
産後パパ育休の申出を1ヶ月前までとするための労使協定2022/07/19
4社に1社が70歳まで働ける制度を導入2022/07/12
骨太の方針2022に示された人事労務に関するトピックス2022/07/05
増加に転じた労災の死亡者数と休業4日以上の死傷者数2022/06/28
労働者死傷病報告を提出しなければならないケースとは2022/06/21
8月頃に社会保険適用拡大により年金事務所から届く通知とは2022/06/14
高齢者が安心・安全に働ける職場環境づくりを支援する補助金2022/06/07
スマホで年金額試算ができる「公的年金シミュレーター」の試験運用を開始2022/05/31
2023年4月より中小企業でも1ヶ月60時間超の割増賃金率50%以上に2022/05/24
新型コロナによる休業により労働時間が短くなり退職した場合は「特定理由離職者」に2022/05/17
今年度の地方労働行政運営方針が策定されました2022/05/10
セルフケアとラインケア、企業に求められるメンタルヘルス対策2022/05/03
今年も4月より始まった「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーン2022/04/26
4月より改正されたくるみん認定の認定基準と新たな認定制度「トライくるみん」2022/04/19
4月以降の雇用調整助成金の特例措置と申請内容の確認強化2022/04/12
上期・下期で変更となる2022年度の雇用保険料率2022/04/05
育児休業を取得しやすい雇用環境整備における留意点2022/03/29
転職活動で約4割が求人サイトを利用2022/03/22
3月分以降の協会けんぽの健康保険料率・介護保険料率2022/03/15
シフト制で労働日や労働時間を決定・変更する際の留意点2022/03/08
定年再雇用時等に社会保険料の負担を軽減できる同日得喪の手続き2022/03/01
無用な解雇トラブルを防止するために知っておきたい解雇予告の注意点2022/02/22
引下げとなる2022年度の年金額と在職中の年金受給の在り方の見直し2022/02/15
新設された業務改善助成金(最低賃金引上げの助成金)の特例コース2022/02/08
36協定を遵守するための実務上の注意点2022/02/01
民間企業における障害者の雇用状況2022/01/25
今後数年のうちに施行される人事労務関連の法令改正2022/01/18
就業規則を変更した際の届出に係る適切な手続き2022/01/11
4月と10月に追加となる安全運転管理者のアルコールチェック業務2022/01/04
改めて確認したい休憩時間の基礎知識2021/12/28
法令で定められている職場環境整備の基準が12月1日より変わりました2021/12/21
完全週休2日制が適用されている労働者割合は6割2021/12/14
ページトップへ